業務の中心は一人作業

ドライバー仕事は、基本的に一人で仕事を行います。中でも物流関係は、物を運ぶのがメインの仕事であり、黙々と運転業務に励みます。気軽に働けるとして、好んでドライバー仕事を選ぶ人も少なくありません。あまりコミュニケーションが得意ではない、一人になれる時間が好きなど、このような傾向がある人からすればドライバー仕事は天職に感じられることもあります。その一方、物流業務は生活の根幹をなす重要な役割を担いますので、社会貢献度が高く、仕事に情熱をもって取り組めるのではないでしょうか。待遇に関しては比較的、高給取りとされているのも魅力です。特に大型トラックドライバーは給与帯が高めで、しっかりと稼ぎたい人からも選ばれています。

人と接するタイミング

業務時間の多くを車内で過ごすドライバー仕事ですが、そうした中でも人と接する機会がいくらかあります。出社をした時には点呼や指示を受け、会社に戻ったら業務報告を行いますし、配送先の顧客とのコミュニケーションが生じることもあるでしょう。組織の一員として働く以上、ビジネスマナーのある振る舞いが求められ、ある程度は人と上手に接していく能力も必要です。もちろんメインの運転業務に関しても、看板を背負って走る以上、交通マナーを徹底して守らなければいけません。多少は人と接する時間もありますが、業務全体を見ると一人の時間が多いことには違いありません。気楽に働きたい人にドライバーの仕事は打ってつけであり、人間関係で苦労をしたくない人や、運転が好きな人はチェックしてみてはいかがでしょう。