なぜドライバーは道に迷わないようにしなければならないのか

運転する車両がタクシーであれ、トラックであれ、ドライバーとして仕事をするときは道に迷わないように注意が必要です。ドライバーの仕事は、車両にのせた人や荷物を顧客から指定された時間までに目的地まで運ぶことで、時間の指定が無い場合でも極力早く目的地へ運ばなければなりません。途中で道に迷ってしまった場合、はやく解消できなければ目的地への到着が遅れてしまい、顧客の業務にも影響がでます。あまりにも時間が経過してしまっていると、顧客から損害賠償を請求されることがあります。

また、道に迷わないようにすることは、長時間労働を防ぐことにもつながります。道に迷う時間が長くなると、休憩の時間が予定通りにとれなくなったり、終業時間が遅くなるなど、ドライバー自身の予定にも影響が生じ、場合によっては身体を壊してしまいます。道に迷うのを防ぐことは、顧客だけでなくドライバー自身のためにも重要です。

道に迷わないようにするにはどうすれば良いのか

情報通信技術が発達している今日では、ドライバーが道に迷っても、車両に取り付けられているカーナビやスマートフォンに予めインストールしておいたカーナビアプリを使えば、解消までの時間を短縮することができます。しかし、ナビに頼る場合でも、復帰するまでの道順の確認によるタイムロスは短めにする必要があります。道に迷わないようにするためには、道を完璧に覚えてしまうのが最も良い方法です。

代表的な道の覚え方は、道路と周りの景色を一緒に覚える方法です。目印になりそうな建物や標識、構造物を見つけて記憶しておけば、道も自然に覚えられます。また、自分自身よりキャリアの長いドライバーに教えてもらう方法も有効です。ドライバーからはカーナビやインターネットからでは得られないような情報を入手できる場合があり、その後の業務にも活かすことができます。