大型連休中や土日祝日は道路の渋滞を考慮しよう

ドライバーとして働く際は、取引先や顧客の信用を損なわないようにするため、常に時間を確認しながら仕事を進めるよう心がけることが大切です。特に、大型連休中や土日祝日など道路が渋滞しやすい時には、目的地までの道路状況を確認できるアプリを活用したり、最新型のカーナビを導入したりして、予定通りに到着できるように工夫をすることがポイントです。最近では、渋滞を回避できるルートの組み立て方について、ドライバーを対象に研修を行っている運送会社も珍しくありません。そのため、勤務時間内に無理なく与えられた業務をこなすには、私生活においても時間の管理を徹底するのはもちろん、ドライバーの教育制度がしっかりと整っている会社に就職をすることも重要です。

ドライバーが少ない営業所では日々の業務量が多くなることもある

ドライバーが少ない営業所で働く場合には、限られたドライバーで仕事を回すため、日々の業務量が多くなり定時に仕事が終わらないというケースもあります。また、トラックの運転経験が少ない人が長距離の運転を担当する時には、道順を間違えたり渋滞にはまったりするリスクが高くなるため、職場選びの段階から注意が必要です。ドライバーの離職率の低下に努めている運送会社の中には、正社員からパートまでドライバーの採用や育成に力を入れたり、勤務シフトを見直したりしているところも少なくありません。そこで、時間を意識しながら不安なく仕事に臨みたい人は、興味のある運送会社の取り組みをよく理解してから求人に応募をするのがおすすめです。